南の街からやってきた

f:id:toujiki_sai:20180604144952j:image

義兄の実家、熊本から届いたサラダ玉ねぎ。たくさん分けていただきました!

 

産地からのおすそ分けって、なんてこう心がときめくんでしょう!

そして、この新聞紙の入れ物もなんだかうれしい♡

 

実家の群馬でも、よくこんな風にたくさんの野菜を分けてもらっていました。

ちょっと出かけて帰ってきたら、ドアの前にどかんととれたての白菜が置いてあるような。

メモはないけど、きっとあの人だね、じゃあ今夜は白菜と豚肉のミルフィーユ鍋にしよっか!みたいな。

 

それらはきまって、スーパーに並んでいるようなキレイなそれとは違って、へんな形だったり、泥まみれだったり。そしてどれも、味がぎゅーっと濃いのでした。

 

いま思うとそんな暮らしは、とびきり贅沢で本当に美味しい思い出です。

 

そして、このサラダ玉ねぎ氏も、水にさらさなくてもほんとうに甘くて感激!

その名の如くサラダはもちろん、いろんなお料理に毎日活躍しています。

 

昨日は肉じゃがと、飴色玉ねぎからのオニオンスープ!

どちらも甘くてトロトロになって美味でした(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

すっかりハマって、今夜はポトフを作る予定。

玉ねぎの芯を残したまま、四つのくし切りするあのホテルのスープみたいなやつを作りたい!

ジャガイモも大きくカットして、ウィンナーなんて丸ごと入っちゃってるやつ。

 

やっぱり、圧力鍋を使うべきかな〜。

どうしたら黄金のスープになるんだ?

もごもご…。