おいしくたのしい音たてて うつわの彩‐SAI‐

群馬県桐生市「陶磁器サロン彩」の娘が書く、勝手に器の紹介をするブログ。とはいえ9割がただのおしゃべりです。

空も頬も

姉夫婦に赤ちゃんが生まれて5ヶ月が経とうとしています。

先日、久々に長く一緒に過ごす時間があったので、抱っこさせてもらったり、添い寝してみたり、オムツ替えにトライしたり、いろいろ参戦させてもらいました。

寝心地が悪いであろう子育て未経験のぎこちない私の腕の中で、小さな彼は泣いたり笑ったり、とても早いサイクルでくるくると表情を変えるので、いつまでたっても見飽きることはありませんでした。

中でも、顔を真っ赤にして、ほんとうに真っ赤に!してギャンギャン泣いている時は不思議で。
大人になると泣くときは、いや!とか嫌い!とか『離れていく』イメージなんだけど、泣きながら顔を胸にこすりつけてもっと寄ってくる。
それ、どっち⁉︎怒っているの?涙まで流して悲しいの?お腹空いたの?オムツ替えようか?
涙の理由がわからず途方に暮れながらも、ギャンギャンを聴きながら、赤く染まった頬に見惚れてしまう、叔母一年生。
窓のむこうは、いつも見ているそれよりずっと広い桐生の空。
彼の頬と共鳴するように真っ赤に染まっていくのでした。

やがて空の色が落ち着き、カウンターの向こうから、姉のつくるミョウガの味噌汁の香りがする頃、何事もなかったかのように、すぅすぅと寝息を立て眠っているまん丸くん5ヶ月、かわいいぞ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はお子様にオススメのお味噌汁碗をご紹介させていただきます。

f:id:toujiki_sai:20160725114731j:plain

f:id:toujiki_sai:20160725115116p:plain

両方に持ち手がついていて、小さいお子様も軽くて持ちやすいに塗りのスープカップです。
落としても割れにくく、プラスティックのよりもずっと高級感を感じられる漆器
お子様の伝統教育にも、機能性にも優れ、今注目を浴びています。

色は根来(赤)、曙(黒)の2色展開で、男の子にも女の子にもお好きなタイプをお選びいただけます。

離乳食、スープ、味噌汁…etc 塗りの器で親子揃って日本の伝統に親しみながら、お食事を楽しむひととき。
末永くお使いいただけるアイテムです。

 

その他、名入れの器も店頭で承っております。

こどもの器

f:id:toujiki_sai:20160725120207p:plain

出産祝い、お食い初め、お孫さんの誕生日など、様々なギフトにおすすめです☆

 

【HPはこちら】

陶磁器サロン 彩|有田焼など焼き物なら群馬県桐生市にある当店へ

 

【オンラインショップはこちら】

toujikisai.wh.shopserve.jp

 

Instagramはこちら】

www.instagram.com