おいしくたのしい音たてて うつわの彩‐SAI‐

群馬県桐生市「陶磁器サロン彩」の娘が書く、勝手に器の紹介をするブログ。とはいえ9割がただのおしゃべりです。

チーズをそこへ隠した

ちょっと前にネットで話題になっていたチーズフォンデュトースト。
ゆっくりめの朝に作ってみました


チーズのソースは粉末コーンスープと牛乳をレンジでチン⇒スライスチーズを加えてもう一回チンして混ぜ混ぜ。(胡椒を多めで大人味に。)

 

4枚切りのトーストの表面に貫通しないように、そーっと×を入れて、チーズのソースを隠しいれて、ちょっと焦げ目がつくくらいまで焼いて完成☆

f:id:toujiki_sai:20160608105003j:plain

一見、シンプルなトーストの中に、とろっとろを隠した魅惑の朝でした。

 

使用した皿はこちら

f:id:toujiki_sai:20160725134530j:plain

f:id:toujiki_sai:20160725134552p:plain

赤濃金彩唐草

・ミート皿…各3,600円(税抜

西洋への憧れが拓いた高貴な赤絵の新境地。

明治初期に入ると有田の陶工たちも高貴な洋食器づくりに挑戦。
当時生まれたのが、朱赤の線の上に朱の液で色付けした、この「赤濃金彩唐草」です。
"濃み"とは、染付の絵付けのときに行う技法のこと。染付のように呉須だけで成立している有田焼は数多くありますが、このように朱赤だけで濃みを施した器はとても貴重。

西洋への憧憬が生んだまばゆいほどの気品は、今も色褪せることなく輝いています。

肉料理、魚料理、パスタ、ハンバーグ、どんなお料理を盛りつけても、本当に絵になる一皿。
ぜひご自宅用でお使いいただきたい赤と金の美しいお皿です。

 

その他、陶磁器サロン彩店頭ではサイズ違いもご用意しております

・パン皿…各2,000円(税抜)

・デザード皿…3,000円(税抜)

・ディナー皿(小)…各4,000円(税抜)

・ディナー皿(大)…各4,800円(税抜)

 

 

陶磁器サロン 彩|有田焼など焼き物なら群馬県桐生市にある当店へ

toujikisai.wh.shopserve.jp