おいしくたのしい音たてて うつわの彩‐SAI‐

群馬県桐生市「陶磁器サロン彩」の娘が書く、勝手に器の紹介をするブログ。とはいえ9割がただのおしゃべりです。

夜空に干す

昔、カフェでアルバイトをしていた時、りえちゃんというスピリチュアルな世界に精通した女の子と出逢いました。

少しふっくらしていて、笑うと目がなくなるような、とても柔らかい女の子。
 
神社のこと、気のこと、前世のこと、宇宙のこと、風水や占いのこと、あらゆる話に詳しくて、そういう『見える』的な能力がまったくない私にはとても新鮮で、えー!なんで、本当に⁉︎と、同じシフトになるたびリクエストしては見えない世界の様子を聞かせてもらいました。
 
その信ずる不思議な世界を誰かに無理強いするわけでもなく、聞かれたら話すけど、あとは自身でその世界をとことん楽しんでいる。そんなスタンスも、りえちゃんの心地よさでした。

あれから10年。当時教えてもらったスピリチュアル物語は、現実の生活に薄められ、ポロポロ忘れてしまってるのだけれど、一つだけ続けていることがあります。
 
『満月の光にアクセサリーを当てて、浄化するといいよ』
 
日頃アクセサリーにまとわりついた邪気やらが、スパッと洗われるんだそうな
 
浄化されたかされないか目で見て判断できないので半信半疑だったものの…
 
友達が作ってくれたブレスレットや、旅先で出逢った想い出のピアスなど、大切で大好きなものを、あんなに輝く月の光にさらしてあげるのはなんだかステキなメンテナンスな気がして、月が満ちる夜は、こっそりそんなこと、してます。キラ☆

f:id:toujiki_sai:20151028001025j:plain

 
 
美しい満月の今夜はアクセサリー入れにもなる可愛らしいボンボニエールをご紹介します。

f:id:toujiki_sai:20151028001210p:plain

f:id:toujiki_sai:20151028001220p:plain

f:id:toujiki_sai:20151028001229p:plain

【有田焼】其泉窯 陶箱 オーロラピンク ボンボニエール(小物入れ・ 菓子入れ)

価格 3,600円+税

サイズ Φ10.5×H7.5cm

 

ボンボニエール(フランス語: Bonbonnière)は、もともと砂糖菓子(ボンボン菓子)を入れる容器を指す言葉。

ラスター釉という光沢のある釉薬が施されており、オーロラのような特別な輝きに満ちています。

ピンク色で可愛らしい見た目で、バレンタインやホワイトデーなどにお菓子を詰めて送ったり、大切なアクセサリー入れなどにもお使いいただけます。

 

陶磁器サロン 彩|有田焼など焼き物なら群馬県桐生市にある当店へ

toujikisai.wh.shopserve.jp

 

みなさまの大切なそれも、明るい夜空に干してみては?