おいしくたのしい音たてて うつわの彩‐SAI‐

群馬県桐生市「陶磁器サロン彩」の娘が書く、勝手に器の紹介をするブログ。とはいえ9割がただのおしゃべりです。

お揃いしたいオトシゴロ

ハンカチを忘れたことに気がついたのは、家を出発してから10分ほどで、取りに行くには遠すぎて。

想像の上をいく熱風と痛いほどの日差しに汗をたらたらしながら、電車に乗り込んで向かった先は水曜レディースデイの映画館。
本日のお目当てはこれ
 
『そこのみにて光り輝く』の呉美保監督の最新作。
 
館内入口には『きみはいい子』オリジナルドリンクであるコーヒーフロートを宣伝する看板が掲げられていました。
さてはこれが映画中に美味しそうに登場するんだな。
これを買わずに通常のアイスコーヒーを選んでしまった先にそびえる大きめの後悔を予想し、取り急ぎ、10年ぶりくらいに甘〜いアイスがトッピングされたコーヒーフロートを購入して涼しい館内に入りました♪
 
夏休みといえど、平日andシリアスな映画とみて、席は半分くらいしか埋まっておらず、かつ、みんなけっこうなイイ大人。
コーヒーフロートをルンルン買っちゃったのがちょっぴり恥ずかしい。
 
そうして本編。
幼児虐待や学級崩壊のテーマを通して斬り込んで来るヒューマンドラマでした。
特別な状況は一つもなく、逃げ出すほどではないあたりまえの日常の中に、べたっとはりつく孤独と、散りばめられた希望。
 
すごく怖くてリアルで優しい
 
美味しいお肉を消化するのに時間がかかるように、素晴らしい映画を観たあとは少し時間が必要で、ほんとうにすてきな作品に出会ってしまった!という打ちのめされた感覚だけがザワザワ体に充満したまま数時間が経過しています。
自然すぎる子役の演技力にも涙を押し流されハンカチを忘れたことによる本日二度目の後悔。
 
 
映画の中で、幼い娘が母親とお揃いの靴を嬉しそうに履く、愛くるしいシーンがあります。
 
そういえば、このあいだバス停でお友達になったユキちゃん(4歳)も『ママとおそろいクロックスなの』って、嬉しそうに薄紫の足元を見せてくれたっけ。
 
 
本日はそんなお揃いしたいお洒落ガールたちにおススメ、親子ペアで使える湯のみ茶碗を、ご紹介させていただきます。
 

f:id:toujiki_sai:20150722183118p:plain

【有田焼】 POPS 湯呑 大/小  各1,620円 (税込) 

ピンクや赤の女の子色ではなく、あえて大人っぽい色感でサイズだけ小さいのがお揃いしたいおしゃれガールのココロをくすぐる。

大、小、2種類のサイズ展開。もちろん夫婦湯呑としても♥

現代の生活に溶け込むカジュアルなデザインで、若年層にも大人気です。

 

 

あぁ育児って改めてすごいなぁなんて、世の親御さんや子育てに奮闘中の友人達に想いを馳せながら、暗く涼しい館内をあとにし、大量に流した涙が乾くころ。

飲み干したコーヒーフロートなんて作品にちっとも登場していなかったことに気づいた暑い真夏の空の下。

 

陶磁器サロン 彩|有田焼など焼き物なら群馬県桐生市にある当店へ

toujikisai.wh.shopserve.jp