おいしくたのしい音たてて うつわの彩‐SAI‐

群馬県桐生市「陶磁器サロン彩」の娘が書く、勝手に器の紹介をするブログ。とはいえ9割がただのおしゃべりです。

あいが集まる

雨上がりに露をまとってキラッと光る姿なんてそれはもう…

f:id:toujiki_sai:20150609001102j:plain

アジサイの名の由来は藍色(あい)の花が集まるという意味の「あづさあい(集真藍)」が変化したものだと先ほど知りました。
 
そこらじゅうにあいが集まって
まぁるくなって
 
春先の見上げて眺める薄ピンクとは違い、
手に届く距離にある6月のカラフルは
つい触れてみたくなるのです。

f:id:toujiki_sai:20150609002010j:plain

 ぽんぽん。

 

 春の高揚感や真夏の楽しさの中では味わえない、しっとりとした憂いの時間。
久々にスピッツ聴いちゃおうかなんてCDラックをワサワサやったりする、角のない6月の夜です。
 
 そんな今夜はまるで紫陽花のような!美しいコーヒー腕皿をご紹介させていただきます。

f:id:toujiki_sai:20150609002421p:plain

【有田焼】濃唐花コーヒー碗皿(マロン・グリーン) 10,800円 (税込) 

雨の音を聴きながら、淹れたての美味しい珈琲をこんなカップでいただきたくなんて贅沢でしょうか。

 

それではみなさま
あいを集めて、潤いのある日々を♪