おいしくたのしい音たてて

何気ない日常の一コマと、ときどき器。 

あの日優しくしてくれてありがとう

爆音で聴くさだまさしがあんな気持ちいいなんて!!

f:id:toujiki_sai:20150326220105p:plain

映画『風に立つライオン』、観てきました。

感動モノかと思いきや、ただ感動だけさせてくれない心に刺さる作品でした。
 
根が深すぎるケニアの少年兵問題に加え、
3.11東日本大震災に繋がっている話でもあったんですね。3月公開に納得。
 
あれから4年。
当時の甚大な被害を風化させてはならない、と、この時期になると必ず流れる映像たち。
 多くの命が奪われ、どれだけの家が流され、今でもたくさんの被害の爪痕が残っている現実。
 
そして、薄らいでいました。月日を重ねるにつれ、もうあまり流されなくなった映像のひとつに、震える日本の心を温めてくれたニュースがあったことを。
当時世界中から届いたさまざまな支援です。
普段日本と敵対関係にある国からも、貧困で悩む国からも、紛争中の地域からも、たくさんたくさん届いた救助支援や支援物資や応援メッセージ。
大きいものから小さいものまで、たくさんたくさん。
 
映画のシーンでもあるように『昔、日本人によくしてもらったから』といってトウモロコシの種を地震で大変な日本に届けてあげて懇願するケニアの老女の眼差し
一緒に涙をながしてくれた遠い国のだれか
あれはもうノンフィクションですよね
被害のことは脳裏に焼きついたままでも、あの日世界中から優しくしてもらったことを、忘れかけてないか!?とさだまさしに問われた気分です。
 
今月、この作品を観ることができてよかった。
 
改めて多くの犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、あの日優しくしてくれた世界の方々に感謝。
 

toujikisai.wh.shopserve.jp