おいしくたのしい音たてて うつわの彩‐SAI‐

群馬県桐生市「陶磁器サロン彩」の娘が書く、勝手に器の紹介をするブログ。とはいえ9割がただのおしゃべりです。

さっきまで土の中

「おー今帰りかい、おつかれさま!これ持ってきな」って

 

f:id:toujiki_sai:20150108203102j:plain

帰り道、近所のおじいちゃん夫婦がおもむろに畑から引き抜いて手渡してくれためずらしい赤い大根。

 

おじいさんは時々こんな風に突然手造り野菜をくれます。

たまに家のドアノブに採れたての野菜が掛かってるなんてこともw

この平成らしからぬコミュニケーションのおかげで日常がポッと温まります。

ありがとう。

 

我が家でさっそく切ってみたら、中はまさかの純白!

f:id:toujiki_sai:20150108203218j:plain

普通の大根か!?と思いきや、辛みが少なめでカブ風味。

 

「うちのお母さんは夕べ酢づけにしてたよ」

おじいさんが、妻であるおばあちゃんのことをいつも「うちのお母さん」って呼びます。

 

 

帰ってさっそく、まねして今夜は甘酢漬けを作ってみました。

 

待ちきれず30分。

まだ浅漬けだけど・・・

美味しい!!あら♪おつまみができちゃいました。

f:id:toujiki_sai:20150108203340j:plain

さっきまで土の中にいた赤い大根。

本当の贅沢について想いを巡らせながら

コリコリが止まらない夜となりました。

 

今日はこんなさり気ないおつまみににふさわしい、

ちょこっと酒器ご紹介します。

 

f:id:toujiki_sai:20150108210250p:plain


刷毛しずく ミニタンブラー 陶磁器サロン 彩

 

 

f:id:toujiki_sai:20150108210304p:plain


刷毛しずく ミニカップ 陶磁器サロン 彩

 

おじいさんの作った大根を、おばあさんが漬ける。

何十年連れ添ったご夫婦の食卓に今日も並んでいるでしょうか。

かつては頬を赤らめて、今やすっかりお母さん、お父さんと呼び合いながらも、

内側のただ真っ白い相手を思いやる気持ちが垣間見えた気がしました。

 


有田焼、唐津焼など器のセレクトショップ 陶磁器サロン彩-SAI-