PM22:00のもぐもぐタイム

f:id:toujiki_sai:20180521124850j:image

 

6年前に公開された『しあわせのパン』という映画を観ました。

 

出てくるパンもコーヒーもスープも全てが美味しそうで!

22:00夕飯は終わっているのに、さらにパンを焼いて、もぐもぐタイムしてしまいましたよ、、あ〜美味しかった^ ^

 

それにしても、丁寧に心を込めて作るごはんって、なんて美味しそうなんでしょ。

 

コーヒー豆を挽く音とか、パンに乗せてみる季節とか、スープの具材の切り方とか、もっと丁寧に楽しみたいなと思えた映画でした。

 

美雲このは(CV:上坂すみれ)『Docking☆Heart』予約受付中!

www.youtube.com

 

5月28日発売!

美雲このは(CV:上坂すみれ)さんの2ndシングル『Docking☆Heart』、前作に引き続き作詞させていただきました。

このプロジェクトに携わることができて、本当に幸せ!!

 

こちらで予約受付中です。

CD情報 | 美雲このはオフィシャルサイト


踊りだしたくなるようなワクワクサウンド、ぜひ聴いてみてくださいね♪

 

 

一曲を作り上げていく間、メールなどのやり取りを中心に、通常それぞれの場所でバラバラに作業をしていきますが、唯一、大集合できるレコーディングはうれしいひとときです。
バンドでは意外に味わえない新たな、ちいさな喜び。

今回も和気あいあいとした雰囲気の中、さくさく進んで、たのしかったです。

 

すみれ様ファンの皆さま、このはちゃんラブの皆さま、お楽しみにっ♡
さらに一人でも多くの方に、聴いていただけますように♪

 

 

 

色づいていく

今日は親友ひろこのバースデー♪

 

新婚の彼女と旦那さんは

「音楽と絵は買わずに創る!」

がモットーの、アーティスト夫婦です。

先日、新居に遊びにいったとき、二人の共作中だという絵をみせてもらいました。

f:id:toujiki_sai:20180412132314j:plain

猫や楽器やバンド名や、二人が愛するものがぎゅっと詰まった一枚。

このときはまだ色が付いてなかったけど、本日、完成形の写真を送ってもらいました。

 

じゃーん♡

f:id:toujiki_sai:20180412192732j:plain

 スゴ―!!絵を描けない私は、井の頭線の中で声をあげそうになっちゃいました。

  

そんな彼女と出会って早21年。

私たちにはいつの間にか「お互いのプライベートな幸せを尊重する」「無理はしない」という暗黙の了解ができていて、それがとっても心地よいのです。

 

なんというか「私たちはいつでも会えるもんね!♡」的なスタンスで、つながってる安心感のような。

 

そして空いた時間でさくっと会って、近況をしゃべり倒して、またお互いの場所にかえっていく…ときに、帰らずにしゃべり続ける。

「私はワイン飲むね」

「あ、じゃあ、わたしはコーヒー飲もう♪」

といつでもバラバラに楽しみながら。

 

そんな関係を繰り返して21年。

彼女の人生は、この絵のように日増しにカラフルになっています。

未来もたのしみだね。ハッピーバースデー☆

 

大粒のハート

f:id:toujiki_sai:20180409132403j:image

小粒のとちおとめのパックの1番下に、おっきなハートが隠れてました(๑˃̵ᴗ˂̵) ラッキー!

 

甘酸っぱい春のおもいで。

 

ねこでんしゃ

ながらスマホをしちゃってたせいで、つり革を見るまで気がつかなかったけど、今日わたしを三軒茶屋まで連れてってくれたのは、招き猫電車でした☆

f:id:toujiki_sai:20180330182642j:image

 

つり革がとってもキュート!

f:id:toujiki_sai:20180330182754j:image

 

いいことありそ(╹◡╹)

 

 

夕空のピンクと

春がはやくやってきて、なんだかドキドキしてます。

f:id:toujiki_sai:20180327183813j:image

今日みたのは夕日といっしょの桜。

とてもきれいでした。

 

いつになく、みんな上を見上げて歩いてるのも、印象的✨

f:id:toujiki_sai:20180327183922j:image

そして、足元もなにやら楽しそうでした♪

 

 

母とビートルズ

f:id:toujiki_sai:20180211113125j:image

子供のころ、母と交わした数少ない「音楽のはなし」の中に、「ビートルズ」がいます。

 

寒さの厳しい冬の群馬の我が家では、石油ストーブの前に自然と人が集まるようになっていて、その話も石油ストーブの最前列を、母と二人で分け合うようにしながらの小さな語らいでした。

 

母が18歳から23歳くらいのあいだに、東京で暮らしていたちょうどその頃、まさにビートルズが世界旋風を巻き起こしていたとのこと。

 

当時の「若者」であった母も、もれなくビートルズに心奪われたといいます。

 

「一曲、一曲が、全部まったく違う感じで、しかもどれも本当にいい曲なの」

 

父と出会った日の話をするときくらいうっとりした声と遠い目で、あの頃を振り返った母。

 

さらにビートルズが来日した際には、友達と見に行き

 

「大勢の女の人が『きゃー』って、信じられない音量で叫んでたのよ」

 

と、当時の熱狂っぷりを語ってくれました。

 

私が産まれたときには、もうビートルズの曲はすべて世界に産み出されていて、それがビートルズだと認識する前からたくさん耳にしていたし、きっとビートルズに影響を受けたであろうミュージシャンたちに青春を捧げてきた。

 

ビートルズ前に青春だったひと

ビートルズ中に青春だったひと

ビートルズ後に青春だったひと

 

真ん中のひと、なんかすごい楽しそうだな〜!って、石油ストーブが恋しくなる冬にきまって想いだすのです。